多治見市 測量登記

TEL.0572-21-1570 FAX.0572-21-1571

| ホーム | 土地家屋調査士土地境界確定 | Q&A | お問い合わせ
土地家屋調査士って?

土地家屋調査士とは

皆様は、「土地家屋調査士」をご存知ですか?
このホームページを見ている方なら少なくとも言葉だけは聞いた事はあるかと思います。
まず、「土地家屋調査士の業務」ですが、土地家屋調査士法では土地家屋調査士の「業務」を次のように定めています。

土地家屋調査士法第3条(業務)
調査士は、他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行うことを業とする。
1. 不動産の表示に関する登記について必要な土地又は家屋に関する調査又は測量
2. 不動産の表示に関する登記の申請手続についての代理、又は審査請求の手続きについての代理
3. 前号の手続について法務局(登記所)に提出する書類の作成

 法律というと堅い感じがするかもしれませんが、大切な財産である土地や建物は、法務局(登記所)にある登記簿に記載する事により、その権利が保全されます。
土地家屋調査士は、お客様の依頼によってその土地や建物がどこにあって(所在)、どのような形をしているのか、また、どのような用途(地目)に使用されているかなどを調査、測量して図面作成、申請手続などを行う測量及び法律の専門家です。

 例えば、お客様が建物を新築し、その登記手続きを「土地家屋調査士」に依頼しました。
土地家屋調査士は、建物表題登記を申請するにあたり、法務局調査や土地建物の測量をし、図面・申請書を作製し表題登記を申請します。この流れが土地家屋調査士の業務です。

図解

土地家屋調査士法ではこのように規定されていますが、実際にどういう時に「土地家屋調査士」に業務を依頼すればよいのかはこちらをご覧下さい。