多治見市 測量登記

TEL.0572-21-1570 FAX.0572-21-1571

| ホーム | 土地家屋調査士土地境界確定 | Q&A | お問い合わせ
土地境界画定

土地境界と境界確定

土地は自己管理が原則です。土地は大切な財産ですので、人任せにせずに自分の目で確かめて管理することが大切です。自己管理には次のような事に気を配っておくと良いでしょう。

1.現地にはコンクリート杭などの不動の境界標を設置 しておきましょう。
     → もちろん、隣地の所有者と合意のもとですが、その時写真などを撮っておくのも良い方法です。

2.将来のために測量図などを作っておくと万が一の時に境界の復元が可能です。
     →最近は境界確定測量にもGPS測量が用いられます。

3.どうしても、境界のわからないときは、土地家屋調査士に相談してください。
     → 隣接関係者立会の上、公図を参考にして、確認することが出来ます。

土地の境界といってもいろいろあります。

境界(地番境界線)といって隣り合った土地との間の境界、公法上の境界であり両者の合意や利用形態の変化などによってかわるものではありません。
所有境界といって、決めた境界、又売買など人為的に決められた境界。この場合には分筆等の手続きによって筆界線を入れていきます。
占有界といって、長い期間お互いに、ここが境界として容認、黙認してきた境界です。これも時効等により筆界線を入れて所有権の移転などの手続きが必要になります。

このようにただ境界といってもどの境界を指すのか注意しなければなりません。上のように公法上の筆界線は変わらないということを知ってください。不動産登記法の改正にって「筆界特定制度」が出来ました。この制度は筆界特定登記官が、土地所有者の申請により申請人から意見や資料の提出をもとめた上で、外部専門家である筆界調査委員の意見を踏まえて、筆界の現地における位置を特定する制度です。筆界が不明で争いになる前にこの制度を利用してはどうでしょうか。