平日電話受付
9:00~17:00
株式会社大日測量・測量登記奥村事務所の電話番号は0572-56-62500572-56-6250
株式会社大日測量・測量登記奥村事務所ailお問い合わせ

よくあるご質問

  • 上空から家・土地の写真を撮って欲しい

    お任せください。ご新築時はもちろん、増改築や、思い出の詰まった旧家・古民家等を撮影させて頂きます。但し、国土交通省の定めるルールにより、撮影出来ない地域もございますので、ご相談下さい。



  • 土地の面積がどれくらいか知りたい

    登記所に記載されている面積や、土地の権利書に書かれている面積と、現地の面積が必ずしも一致しているとは限りません。むしろ、先代から受け継いだ土地は一致している方が稀です。将来のためにも一度、仮の現況測量をして調査してみてはどうでしょうか。固定資産税の見直しにもなります。



  • 土地の杭が見当たらない、埋もれている

    境界標が亡失している場合には隣接地所有者との確認、承諾を得て復元することができます。杭が埋もれている場合には法務局や市役所の資料を参考に探すこともできます。

  • お隣の庇が越境してきている

    測量・調査によって、境界を確認しましょう。その後、お隣様と今後について相談しましょう。将来、トラブルにならないように覚書等の書面で記録を残しておくことをお進め致します。

  • 自分の土地の境界がわからない

    境界確定をして、杭の設置をすることをお進め致します。土地の境界を確定することで面積も把握できますし、固定資産税の見直しもできます。



  • 家が建っているのに地目が農地のまま

    農地(田・畑)から宅地へ地目変更をすることができます。(変更する必要があります)
    家を建てたときに農地転用の許可を取っているはずですから、農業委員会の許可書を探してみてください。許可書が無かったり、紛失した場合でも変更は可能です。



  • 家の増築をした

    増築の変更登記をすることができます。(変更する必要があります)
    増築部分を未登記のままにしておくと、将来売却したときや、相続の時に誰の名義なのかわからないといったトラブルになるケースがありますので、増築の変更登記を行ってください。

  • 更地なのに知らない人の建物登記がある

    建物滅失登記が必要です。但し、登記をするのは建物の所有者ですから、所有者を探さなければなりません。所有者が不明だったり、協力が得られない場合は、土地の所有者から申請(申出)することもできます。



  • 土地・建物の名義が亡くなった人のままになっている

    そのまま放置しておくと、将来相続人の数が増え、遺産分割協議が困難になります。相続に関する登記は司法書士の業務になりますので、提携先の司法書士をご紹介致します。

  • 相続税がいくらかかるのか知りたい

    司法書士や税理士、不動産鑑定士等の専門家をご紹介させて頂きます。お気軽にご相談下さい。

  • 不動産を取得(売却)したけど確定申告はどうしたらいいのかわからない

    不動産取得税や、譲渡税、場合によっては贈与税、相続税がかかってきます。前述の通り各専門家をご紹介させて頂きます。

© 2020 Copyright Dainichi Sokuryo All Right Reserved.